トナーとはコンテンツをレーザープリンターやコピー機をつかって印刷する時に使うインクのようなもので、色を付けた粒子を帯電させ、静電気で転写し焼いて印刷するためにつかうものです。最近はその純正品をリサイクルして新しく作り直したリサイクルトナーが人気になってきています。その名の通りリサイクルトナーは回収した純正トナーカートリッジを分解洗浄し、使える部品は流用してあたらしくもう一度トナーカートリッジとして使用されます。資源を新しく使うことが減り、新しく作る部品もへるので人件費を抑えることができてとても経済的で環境にもいいものです。それに、純正品ではなかなか無いようなとてもしっかりしたアフターサービスも人気になってきた理由の一つであると考えられます。

最近人気のリサイクルトナーのメリット

リサイクルトナーのメリットはとても多く、何よりも圧倒的にコストパフォーマンスがいいことがあげられます。先ほど説明させていただいた文のとおり、リサイクルトナーカートリッジは純正品を分解洗浄し、使える部品はたくさんつかい、なるべくコストを抑えて作られたものになります。ものによっては純正品の10分の1以下の価格で購入できるものもあり驚きます。その価格の低いリサイクル品にも関わらずアフターサービスが充実しており、不具合が起きた時に交換してもらえる「品質永久保証」、万が一リサイクルトナーカートリッジをつかってプリンターを故障させてしまった場合には修理してくれる「プリンタ保証」、リサイクルトナーの性能がいまいちだと感じた時に返金してくれる「返金保証」などがあります。使用したあとのカートリッジを無料で回収してくれるのも魅力的です。

人気のリサイクルトナーのデメリット

いいことずくめのリサイクルトナーですが、リサイクル品がゆえにどうしても不具合が起こってしまう率が純正のトナーカートリッジにくらべて高い確率であるということです。どうしても一度使用された部品をもういちど使用してリサイクルトナーカートリッジとしているので経年劣化による歪みや疲労破壊が避けられない課題となっています。数字にすると数%のことなのですが、それが原因でユーザーのプリンターを壊してしまうことになると大きな損失です。もうひとつは、純正品のトナーの発色にくらべリサイクル品の色合いが異なってしまうことです。黒の色はほぼ同じですがカラー印刷となった時にどうしてもリサイクル品と純正品との部品の品質の差で色合いが異なってしまいます。同じ色合いを求める方は純正品を使うほうがいいでしょう。