まず、トナーとはコピー機やプリンターに使うインクのようなもので、色のついた小さな粒子を帯電させ静電気で文字や絵の形に転写させたものを焼き付けて印刷します。その印刷に使われてもう使われなくなったものを回収してパーツごとに分解し、洗浄をしてきれいにしたものを使えるパーツとそうでないものにわけ、使えるのを再利用しできたものがリサイクルトナーです。リサイクルトナーは純正のトナーカートリッジに比べとても安く販売されており、部品を再利用するので無駄な資源は使わず、とても環境にやさしく経済的なので最近注目され人気が出てきました。プリンターやコピー機を生産している各社がこぞってリサイクルトナーの開発と普及に力を入れているので市場もとても賑わってきました。

最近話題のリサイクルトナーのメリット

リサイクルトナーはとても注目されていて市場もとても賑わっています。その理由としては多くの純正品にはないメリットがあるからです。ひとつは純正品のトナーのカートリッジの10分の1以下で販売されることです。先ほど述べたように純正品のトナーカートリッジを分解洗浄して使えるものを流用して作られているので根本的に原材料費や研究費、人件費がかかりません。二つ目に純正品のカートリッジにはまずないようなアフターサービスがしっかりしていることです。「品質永久保証」では、リサイクル品で欠陥が出た時にすぐ新しいものに取り換えてくれることです。「プリンタ保証」では、リサイクル品が原因でユーザーのプリンターを壊してしまった場合にプリンターの修理保証をしてくれるものです。

リサイクルトナーのデメリットとは

資源の使用を最低限に済ますので環境にもやさしい、純正品の10分の1以下で購入できるので経済的と一見万能のように見えるリサイクルトナーですが、やはりデメリットもあります。まずはリサイクルがゆえに起きてしまう初期不良の可能性の高さです。数字にすると数%ですが純正品のトナーカートリッジに比べれば少し高い数字です。どうしてもリサイクル品はパーツの経年変化と疲労破壊までの期間の短さがあります。これはリサイクル品すべてに言えることなので大きな今後の課題であるといえます。もうひとつは印刷したときの色合いの微妙な差についてです。こちらもリサイクル品であるが故に純正品との小さなギャップによって色合いが若干変わってしまいます。黒は大丈夫なのですがカラーになったときに顕著に出てしまいます。