なんと言ってもリサイクルトナーは安いです。正規品をそのまま購入するよりも遙かに安く購入出来ます。会社等大量にインクを使用するところでは、正規品をそのまま購入することはなく、むしろインクも含めてリースなどで対応をするのが一般的です。このとき、そのインクの補充などを行うために、会社などによく訪ねてくるでしょう。正規品を使用することはまず無く、リサイクルトナーを利用するなどしてコストを抑えて対応をしています。会社などオフィスだけではなく個人でも同様にお得さが際立ちます。正規品を購入するよりも市販価格で2割から5割程度は安く手に入れることが出来ます。したがって、こだわりなどがなければ、正規品よりもお得に手に入れられるリサイクルトナーを利用するのがいいと言えるわけです。

そもそもリサイクルトナーの仕組みはどうなっているのか

インクがなくなったリサイクルトナーについて、インクだけを補充して再利用するのがリサイクルトナーの仕組みです。そのため、中のインクだけを補充するだけで済むので、安くて済むわけです。正規品の場合では、インク代だけではなく包装代、インクを入れておくトナーそのものも新品ですから、それらのコストが当然含まれています。販売価格に上乗せされていますから、購入者側は高く購入せざるを得ないのです。少しでも安価に購入しようと思う場合には、このリサイクルトナーの使用でランニングコストを抑えることが望ましいとされています。なお、個人の場合でも頻繁に使用をする場合には、このリサイクルトナーの使用を考えるとともに、プリンタそのものをリースで使用することも考えてよいところです。

ランニングコストを抑えて使用する

プリンターは通常のオフィスや個人事業主など使用頻度が高い場合以外でも、そんなに頻繁に使用しない個人であればなおさら、安価に抑えたいと考える人が少なくありません。したがって、インクだけ補充してもらえるリサイクルトナーは魅力的に映るのです。ただし、注意点としては、正規品以外の使用時には故障の修理対象外とするとしている企業が少なくありません。そのため、万が一故障した場合は、プリンターそのものを交換しないといけなくなります。こうした注意点を踏まえて使用するリサイクルトナーですが、メリットとデメリットをよく考えて使用すればよいでしょう。なお、リースの場合はすべてが貸す側の負担ですので、リサイクルトナーであろうとそうでなくても、借りる側の負担はリース料だけで済みます。