リサイクルトナーの一番大きなメリットは価格が純正品と比較すると非常に安いということが挙げられます。価格が純正品の価格と比較すると十分の一以下のものもあります。純正品が高いのは、純正品を製造するメーカーが、格安でプリンターの本体を提供し、ドラムやトナーなどといった消耗品の方に利益を多めにのせているからです。リサイクルトナーの部品は、純正品のものを再び利用した状態で、汎用品トナーを補充しているのであまり、開発費や研究費がかかりません。幾つかの会社が製造することによって価格競争が起こり、原価に応じた価格で提供されることになります。かつてリサイクルトナーは、不具合が多かったのですが、不具合が発生する確率についても昔と比較すると非常に少なくなってきています。

リサイクルトナーのデメリットについて

リサイクルトナーはすでに一度使っているカートリッジをもう一度使いなおしているので、およそ2パーセントから3パーセントの確率で初期不良が起こることがあります。そのため初期不良に備えて、幾つかのトナーのストックを準備しておく必要があります。色の再現度合いについては、あまり純正品と変わりませんが、トナーに含まれる成分や部品などが全く一緒という訳ではないので微妙な色合いが異なる場合があります。取り扱っている商品のイメージを左右する広告や、パンフレットなどを印刷する場合は、その色合いが問題ある可能性が考えられますが、オフィスに設置した複合機などにリサイクルトナーを使う場合は、ほとんどが黒い色を使用することになるので、ほとんど問題になることはありません。

リサイクルトナーのメリットについて

リサイクルトナーの品質が心配な場合は、それぞれの品質管理基準を満たして認定されている製品を見つけることによって不具合の危険性を、かなり減らすことができます。価格が安いという理由だけでは選ばないようにし、品質認定基準を満たしていて、しっかりした保証がされている店舗で購入すると安定している品質なのに、安い価格で複合機やプリンターを運用することができます。純正品は、一般的にメーカーが行う保証しかありませんが、リサイクルトナーのときは、純正品よりも保証が充実していることがあります。良心的な店舗では無期限の製品保証を付けたり、プリンターや複合機の保障まで付けている場合があります。返金保証が付けられている場合もあるので、前もって保証内容は確認しておく必要があります。

リサイクルトナーとは、使用済みのカートリッジを回収させて頂き分解、洗浄、摩耗部品の交換、トナー・インクの補充、印字テストを行った製品です。 当社のリサイクルトナーが原因でプリンターが故障したときはの修理費は当社がお支払いいたします。 リサイクルトナーを利用し、経費削減、環境にも優しく新品同様安全、安心の商品を数多く取り揃え必ずお手元までお届け致します。 " 格安リサイクルトナーたくさん在ります